岡林飛翔(菰野高校)の弟も野球をしている?父親や家族も紹介!

どうも管理人のたいがだ。

8月と言うのにここ最近ずっと曇りばっかりで全然夏と思えない気候になっている。

 

しかし、甲子園のある兵庫県はテレビを見る限り暑い日差しの中、毎日白球を追いかける高校球児を映し出している。

 

今回の記事は、岡林飛翔投手について記事を書いていこうと思っている。

これまで色んなドラフト候補の高校球児について記事を書いて来たが、名前が読めない選手が多いことだ。

 

現代っ子と言えばそうなのかも知れないが(笑)

スポンサードリンク

岡林飛翔のプロフィールについて紹介

 

名前    岡林 飛翔(おかばや つばさ)

生年月日  不明

出身地   三重県松阪市

体重    84kg

身長    182cm

血液型   不明

ポジション 投手

投打    右投右打

 

野球を始めたのは、小学校4年生の時になる。

松阪市立徳和小学校に通っていたが、小学校の部活には所属せずに坂リトルリーグに所属していた。

 

松坂リトルリーグを卒業した者の中には高校野球やプロ、社会人と多くの活躍している人物を輩出してきた創立39年の歴史のあるリトルリーグになる。

 

小学校を卒業すると、地元の中学校である松阪市立久保中学校に進学することになる。

中学校時代は、松阪リトルシニアに入団することになる。

中学校1年時にチームは、全国大会準優勝を果たすことになるが、決勝戦は先発投手として出場するも初回に四球やタイムリーを打たれ10失点と言う辛い内容に。

 

このことが引き金になったと思うが、2年の終わりに三重ゼッツヤングに移籍することに。

 

ヤングリーグ三重大会優勝第4回一宮市長杯争奪戦第22回ヤングリーグ中日本秋季大会優勝に大きく貢献しこの大会の最優秀選手に選ばれている。

 

そして、高校は三重県立菰野高等学校に進学することになる。

読み方が難しいが菰野(こもの)高校と言う名称だ。

 

1年時の秋からチームのベンチ入りを果たすことに。

2年時の6月に開催された練習試合で自己最速である142キロをマーク。

この時点で既にプロのスカウトからは一目置かれている存在となっていたそうだ。

 

ベンチ入りをしていたものの、2年時の三重県夏の予選では出場する機会はなかったものの2年時の秋にはレフトのレギュラーの座を獲得することになる。

 

また、打撃の方も好調でありチームの5番打者を任されており打率3割台をキープ。

高校生活で甲子園の土を踏むことが出来なかったが、プロに入ってからとても楽しみな人物である

 

小さい頃から本当に素晴らしい成績を残しているな。

この素晴らしい成績の裏には人並みならぬ努力があってのことなので、相当努力を重ねて来た結果なんだろうと思う。

続いて、岡林飛翔投手の弟について記事を書いていこうと思う。

スポンサードリンク
 




弟も野球をしている?

岡林飛翔投手を検索すると、と言うワードも一緒に検索されているので弟も野球をやっていて素晴らしい選手なのかと思って検索してみたら何と同じ高校に所属しており投手をしていた。

 

まだ1年生ながら最速140キロを投げられると言うこともありこれからの成長がとても楽しみな選手であろう。

学年がどちらかが1年早かったり遅かったりしたら兄弟揃ってプレーをすると言う姿も長い期間見れたとは思うがそこまでは難しいな(笑)

 

スポンサードリンク
 




父親や家族も紹介!

弟と一緒に父についても結構検索されており、ここまで活躍する選手を育てて来たのかとても気になるのでは無いかと言うことで検索されたのではないかと推測する。

 

しかし、父親や家族について調べてみたのだが全く情報が無かった・・・

【関連記事】

岡林飛翔(菰野高校)は球速151キロは本当?球種も紹介します!

岡林飛翔(菰野高校)はドラフト何位指名か予想!高校時代の実績も紹介!

注目記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください